きらら漫画『ななどなどなど』のwiki的百合レビュー!無料試し読み、スタンプ、百合度、ニコニコ情報、感想などをまとめてみた!

まんがタイムきららMAXで連載中の漫画『ななどなどなど』。

なるべくネタバレにならないように最新話までのレビューをしていきたいと思います!(でもレビューする以上はある程度内容に触れないといけないので、多少は勘弁してください…)

概要・あらすじ

画像準備中

ジャンルコメディ
メディア漫画
作者宇崎うそ
出版社芳文社
掲載場所まんがタイムきららMAX/きららベース
連載/完結連載中
開始日2019/02
百合度★★★★★☆:明示的(高)
備考きららベースは現在更新なし
一言ポイント陰キャお嬢様がポンコツ陽キャヒューマノイドとともに成長していく青春コメディ
『ななどなどなど』は以下のような方におすすめです。
・キレキレのギャグが好きな人
・青春物語が好きな人
・かるめの百合が好きな人

あらすじ・登場人物

あらすじ

小学校のときに調子にのりすぎて、「陰キャ姫」と呼ばれ友達0人の引きこもりお嬢様、玉村小町。そんな彼女が社会に復帰できるよう、ヒューマノイドである「ななど」が送られてきた。ななどの助けを得て、吉岡るる高山萌といった友達と出会い、小町は少しずつ成長していく。

登場人物

  • 玉村小町(たまむら こまち)
    • 15歳、高校一年生。お金持ちのお嬢様。姉に憧れお嬢様口調などを身に着けるも、調子にのりすぎて「陰キャ姫」などと呼ばれるように。不登校となり、ななどが来るまで引きこもっていた。バンダースナッチと呼ばれる犬を飼っている。
  • ななど
    • 生後数か月。小町の妹、茶々が開発したヒューマノイドで、正式名称は「コードネーム7D-O型」。「(小町の)本当の友達になってあげて」と茶々に言われ送り込まれた。目からビームが出せる。
  • 吉岡るる(よしおか るる)
    • 小町のクラスメイトで、小町の初めての友達。ソシャゲのガチ勢。小動物のようにかわいい。
  • 高山萌(たかやま もえ)
    • 小町のクラスメイト。陽キャ。るるに密かに思いを寄せる。るるのためなら(常識の範囲で)手段は選ばない。
  • 嶺優子(みね ゆうこ)
    • 隣のクラスの人。萌の友人。
  • 宮前このみ(みやまえ このみ)
    • 優子のクラスメイト。小学生のころの小町を知っている。

作品レビュー

『ななどなどなど』の魅力といえば、個人的にはやっぱり「ギャグ」と「青春」です。

ギャグ要素

『ななどなどなど』のギャグはとにかくキレキレです。それを作るのに役立っているものの一つが、小町のキャラです。小町は基本的にお嬢様口調ですが、たとえば以下のようにそれが崩れることが多くあり、笑いを誘います。

出典:宇崎うそ『ななどなどなど』一巻

テンプレート通りのお嬢様キャラ、というわけではなく、そこが小町のキャラとしての厚みを増している部分でもあると思います。それにしてもこのコマは何も文脈なしに見るとちょっとカオスですねwなんとなくサザエさんを彷彿とさせる、このコマだけで笑いを発生させる面白いコマです。いったい何がどうしてこうなったのかは、一巻一話をご覧ください。

このお嬢様崩れ現象(?)だけでなく、他にも小町の口調はいろいろと特徴的で、『ななどなどなど』を良質のコメディに仕上げるのに一役買っています。

もちろん、『ななどなどなど』のギャグ的な面白さは小町の口調だけではありません。ななどは生後数か月ということもあって、ある程度の常識は持っているものの無知なことも多く、ボケにまわることもあります。小町も長年の引きこもり生活でまた無知なことがあるので、ボケが重なっていく現象が観測できます。

『ななどなどなど』のギャグにおける特に私のお気に入りが一巻九話で、ななどのある機能がおかしくなり、小町たちが奔走する、というエピソードがあるのですが、まるでコントを見ているかのような展開に思わず笑ってしまいました。詳しいことはネタバレになるのでここには書きませんが、一巻を見る際にはぜひ読んでいただきたいエピソードです。

↓『ななどなどなど』一巻のネタバレ感想はこちら↓
『ななどなどなど』1巻のネタバレあらすじ・感想・考察!

青春

ななどなどなどのもう一つの要素が、「青春」要素。『ななどなどなど』は、最初の一言ポイントでも書いたように、小町の成長物語としての側面が強いと考えます。

かつては「陰キャ姫」とそしられた小町が、ななどや、他の友人たちの助けを借りて少しずつ失った青春を取り戻し、そして成長していく様は、とくに二巻相当部分にある球技大会編で顕著です。本当に球技大会編は涙なしには見れない感動の物語となっているので、今すぐきららMAXを買ってでも読んでいただきたいぐらいです。

ぜひ二巻が出た際には読んでみてください。

百合度レビュー

メインキャラクターの一人である萌は、明確にるるのことが恋愛的に好きなキャラクターとして描かれています。また、小町とななどの間には、恋愛というほどではないものの、確かな絆が描かれており、百合的な価値が高いと考えます。さらに、このみの小町に対する感情は並々ならぬ物があります。しかし、恋愛を主軸とした作品ではないのは明らかです。以上のことから、『ななどなどなど』の百合度は★★★★★☆:明示的(高)としました。

百合的に期待できるペアの詳細について以下に記します。具体的なエピソードについて言及があるので、多少のネタバレ注意です。(重大なネタバレはないと信じていますが…)

  • るる・萌
    • すでに述べたとおり、萌は明確にるるのことが好きなキャラクターとして描かれています。人物紹介でも書いた通り、萌はるるのことなら手段を選ばないちょっとヤバめのキャラで、るるのカラオケ音声を録音したり、夏休みに偶然を装って会おうとするなどの行為を行うほどの愛を見せています。一方るるはまったく気づいていない様子で、周りの人物による萌の気持ちをバラそうとする試みはことごとく失敗しています。るる萌メインの回は数話に一回あり、それらはすべて百合ファンにとって満足できるエピソードとなっています。るる萌の関係がこれからどうなっていくのか、間違いなくこれからの連載で注目していきたい事柄です。
  • ななど・小町
    • 主人公ペアのふたりです。恋愛感情については今のところ描かれていませんが、小町が窮地に陥ったときにはななどの名前を読んだり、ななどが故障かと思われたときにはものすごく心配したりと、小町の中で確かにななどが心の支えになっている様子が描かれています。また、一巻七話、ななどが点検から帰ってきたときのふたりの掛け合いは百合的な価値が非常に高いです。
  • このみ・小町
    • 二巻相当部分で初めてでてきたこのみですが、小学校でのとあるエピソードのために、「私を差し置いて他の友達を…」と、小町に対しては並々ならぬ感情を見せています。ただ、それが恋愛感情かどうか正直言って微妙です。まだまだ数話しか出てきていないので、具体的なエピソードが少ないですが、これからの活躍に期待したいですね。

『ななどなどなど』の二巻情報について!

『ななどなどなど』2巻は、2021年4月27日に発売されました。球技大会や新キャラなど、続々新しい動きがみられる2巻。現在レビュー執筆中です。

『ななどなどなど』の無料試し読み情報(ニコニコ他)について!

『ななどなどなど』は、11話までニコニコ静画内「きららベース」で無料試し読みが可能です。

一巻のほとんどすべてが読めることになるので、ぜひこの機会に読んでみましょう!

『ななどなどなど』のきららベース内のページはこちらです。

また、芳文社の漫画配信サービス「COMIC FUZ」では、一巻の購入が可能です。

きららベースだけでは見られないエピソードも数多く収録されているので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

COMIC FUZの『ななどなどなど』のページはこちらです。

『ななどなどなど』のスタンプが存在する?

噂によれば、なんと『ななどなどなど』のLINEスタンプが存在するとの情報が。

しかし、現在までに、実際に存在するという確証は取れませんでした。

作者である宇崎うそさんは、以下のように『ななどなどなど』とは関係のないスタンプは作成しているもの、『ななどなどなど』自体のスタンプは存在しないようです。

まあ商業作品なので、なかなか実際に作ろうと思っても、権利的に難しい部分があるでしょうね。上のスタンプには微妙に小町に近い雰囲気があるような気がしますが・・・気のせいでしょうか?

このスタンプを買えばバタフライエフェクトで巡り巡って『ななどなどなど』のスタンプが作られるかもしれません。

まとめ

これからの人気上昇が期待できる『ななどなどなど』。

当サイトは『ななどなどなど』をこれからも応援していきたいと思います。

以上、『ななどなどなど』のレビューでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました